ワキ毛処理方法の人気No.1はやっぱり脱毛(´・ω・`)? > 処理方法 > 自宅でのワキ毛処理、家庭用脱毛器とエステ脱毛の相違点

自宅でのワキ毛処理、家庭用脱毛器とエステ脱毛の相違点

今、需要とともにぐんぐん売れ筋を伸ばしている“家庭用脱毛器”。
わざわざエステサロンへ通わなくても“脱毛”出来ちゃうのが魅力的ですよね!
多くの雑誌にも取り上げられているので「知ってる!」という方も多いと思います。

そんな家庭用脱毛器、正直なところ、結構お高いんです。
一番安い脱毛器「nonoヘアー」のお値段で29,800円。
高額なものになると「ケノン」の73,800円にまで跳ね上がります!

学生さんにはちょっと手の出しづらい金額ですよね。
決して手軽に購入できるお値段ではありませんし、何よりその効果が気になるところです。

家庭用脱毛器を購入する人の多くは、“ワキ脱毛”をメインに捉えているようです。
その理由として、「エステサロンは予約が取れない」「好きな時にしっかり脱毛したい」
という声が多く、ワキのような狭い範囲なら自分でも出来るから
、という意見もありました。
女性なら誰もが気になる“ワキ”。
ワキが美しいというだけで、ぐんとオシャレの幅が広がりますよね!
エステサロンと家庭用脱毛器、どこがどう違うのか比較してみましょう。da-318012

①ワキ脱毛の“効果”はどちらも同じ?!

家庭用脱毛器も、エステで使用している脱毛器も、実は効果に差はありません。
(クリニックなどの医療脱毛器になると話は別ですが)
フラッシュ脱毛なのか、制毛脱毛なのかなど…
脱毛方法によって種類は多くありますが、基本的な脱毛効果はほぼ同じです。
しかも、エステサロンで脱毛してもらう場合は照射が“人任せ”になるため、照射漏れや光の強さなどをコントロールできません。
しっかりとしたエステティシャンの資格を持つ方なら別ですが、ほとんどのサロンは研修止まり。
照射漏れが多いと通う回数も増えるため…最終的にビックリするお値段になってしまうことも!!
その点、自分で出来る家庭用脱毛器は抜かりなく“照射”できるので安心です。

また、ワキは比較的小さい面積なので、自分でも簡単に脱毛器を当てることが出来ます。
さすがに背中やうなじなどの手の届きにくい部分の脱毛は難しいですが…
見える範囲内の脱毛なら、断然、家庭用脱毛器をおススメします。

②“ワキの脱毛だけ”ならエステの方がお得?!

実は、ワキだけピンポイントに脱毛するならエステの方がお安く上がってしまいます。
その理由として、多くのサロンが集客のためにキャンペーンを行っていることもひとつ挙げられます。

業界最大手の“ミュゼ・プラチナム”の料金を参考にみてみましょう。
ミュゼには「脱毛完了コース」というプランがあります。
このプランでは、両ワキを回数無制限で何度でも脱毛できる上に…
3,600円という破格すぎるお値段で脱毛が出来ちゃうんです!!
しかも、Web予約なら1,000円オフなので、実質2,600円で両ワキ脱毛が出来るんです…!

もちろん、予約が取りにくい、通わなくてはいけない…などのデメリットもあります。
それでも格安で脱毛ができるので、エステのワキ脱毛は、学生さんにとても人気があるようです。

いかがでしたでしょうか?
ワキだけ脱毛するなら断然エステサロンですが、家庭用脱毛器のメリットは全身ができる点です。
また、予約を取る必要も通う必要も“一切ない”ので、お忙しい人には強い味方ですね。
エステサロンで全身脱毛を試みると、約10万~30万程度かかってしまいます。
ご自身の利点に合わせて、どちらを選ぶかじっくり検討してみて下さい!