ワキ毛処理方法の人気No.1はやっぱり脱毛(´・ω・`)? > ワキ毛の処理 > 脇毛処理 毛抜きをお勧めしたくない理由

脇毛処理 毛抜きをお勧めしたくない理由

脇毛処理の方法で毛抜きがあります。
1本1本確実に抜けて、最初は痛いけれど、あの感触がたまらないという方も多いです。
しかし、この毛抜きでの脇毛処理は、あまりオススメできるものではないとされています。
毛抜きによる脇毛処理のメリットとしては、カミソリの処理よりも発毛しづらいということ。

回数を減らすことができます。
毛根からの確実な処理によって、再生スピードを落とす事ができます。
仕上がりもキレイ、達成感もあります。
一方デメリットとしては、ぼつぼつ毛穴になってしまうことがあります。
これは毛穴にムリがかかっている証拠で、引っこ抜くという観点から行くと、毛穴は刺激を受けてしまうことになります。

肌表面からもわかってしまうほど、ぼつぼつになってしまうことがあのます。
そして、埋没毛の存在。
きちんと毛が抜けることなく、途中で切れてしまうことがあります。
途中で切れた毛はそのままそこに残り、あとから発毛する毛と一緒になって毛穴で丸くなってしまいます。

要するに、残った毛の舌から発毛しますから、ごちゃごちゃの毛穴になってしまうということ。
これは、自分で処理することができません。
時には外科手術をしなくてはならない事になります。
そして、毛穴も刺激を受けることで、そこから雑菌が入り込み、炎症が起こることもあります。
毛抜きで脇毛処理をしている方で、その後吹き出物などができたという方はばい菌が入ってしまっていることもあり、肌トラブルの原因となります。