ワキ毛処理方法の人気No.1はやっぱり脱毛(´・ω・`)? > ワキ毛の悩み > 脇毛処理後の色素沈着 刺激のある脇毛処理は厳禁

脇毛処理後の色素沈着 刺激のある脇毛処理は厳禁

脇毛処理をしたら、脇の色がおかしい、黒ずんだり、赤くなってしまうことも多いという方、間違った脇毛脱毛をしているかもしれません。
脇はとても皮膚が薄く、ちょっとした刺激に対しても傷がつきやすく脆い部分です。
黒ずみや赤みは色素沈着ですが、これは肌が刺激を受けると、それを守ろうとメラニン色素が出てくることで、肌の色を変えます。

顔でいえば、紫外線やスキンケアの刺激で、メラニン色素の影響でくすみやシミができるのも同じ原理です。
脇毛処理の時に、カミソリなどでの刺激でメラニン色素が色素沈着を起こしてしまうといったことです。
ですから、即刻刺激のある脇毛処理をやめなければ、ますます色素沈着はひどくなります。
脇毛処理をカミソリでした場合、少ししたらまた行わなければなりません。

その頻度がしょっちゅう行っていることで、何気ない脇毛処理が、色素沈着を作ります。
脇毛が生えた時点では、色素沈着はわかりませんが、脇毛処理した直後に脇の肌の色はしっかりと点検してみてください。
黒くなったり、硬くなっている時には、間違った脇毛脱毛を

続けていることを自覚することが大切です。
今度の脇毛処理は違う方法を必ず厳選してみてください。
最近では、脱毛ワックスなども登場していて、色素沈着を防止することができます。
しかし、できてしまった色素沈着については、治すと言っても自分ではなかなか改善できないとされています。
脱毛サロンン皮膚科に行くことをお勧めします。